アーティスト

Artist

Colleen Malia Wilcox

ハワイオアフ島ホノルルに拠点を置く人気のサーフアーティスト。 自身がサーファーということもあり、泳いだときの景色や自然を通して感じる ハワイの魅力をアートで表現して発信しています。 ハワイの象徴である海の青さや木々の緑、トロピカルフラワーの鮮やかなカラーなど、彼女が見るもの全てがアートのエッセンスに。 また、カラフルな色合いに流れるような躍動感をつけたデザインも Colleen Wilcoxの作品の特徴です。

Juliette Hartley

ロサンゼルスに拠点を置くジュリエット・ハートリーはウルトラベルベットとアモアクチュールのクリエイティブディレクターです。ファッション学校FIDMでビジネスを学び、アモアクチュールの新作の作成やキューレーターとしても活躍しています。彼女のアートは1960年代のカメラのフィルムから創作され、鮮やかなカラーとポップアートを手作業で繊細に、社会の執着を複雑に美しくアート上で表現しています。長い間彼女の最も崇拝するブランドであるシャネルのビンテージのコレクターでもあり、世界中の好きな街を旅してファッションに関する全てのアイテムを撮影し作品に活かしています。

Goldfish Kiss

シアトル在住の芸術家 Rebekah Steen。自然の中で放浪する彼女はライフスタイルの中で感じた部分をアートにしています。いつも海を愛し、水彩画で自然との調和を表現しています。作品はさまざまですがすべて心から生まれ、インスパイアされるイメージ。トラベルシーン、テキスタイルデザイン――。何よりも彼女の大好きな場所を思い出させるもの。​レベッカのアートは、毎日の音楽、自然、愛からインスピレーションを得ています。

Tom Veiga

ブラジル出身のトム・ベイガはクリティバで生まれ、いくつかの広告代理店でデザイナーとして働いていましたが、海への情熱が芸術への彼の職業を呼び起こしました。彼の芸術は非常に個人的な言語であり、多くの色、少数の線、多くの動きを特徴とし、トロピカルスタイルを通じて場所のビジョンを反映させ、彼の芸術に生命とブラジルらしさを伝えようとしています。

Jessica Miyuki

日本で育ち、幼少期はアメリカを転々と過ごしてきたジェシカミユキ。多くの場所を旅した経験は彼女のデザインスタイルに深い影響を与えました。各州、国、ビーチには、独自の自然なテーマとカラーパレットがあり、彼女のデザインで際立っています。女性らしい色使いやボタニカルなテキスタイル。彼女はこれまで以上にクライアントを満足させるインスピレーションを集め、常に範囲を広げ、大きな夢と自分の目標のために人々を鼓舞したいと考えています。

RISK

「第二のワイキキ」と称されるカカアコの有名ウォールアート「RISK AND SONNY BOY WALL」の制作者、Kelly Graval。美しいレタリングとグラフィックイメージ、建築ラインとの組み合わせによって定義されたスタイルを持っています。彼は最も有名なウエストコーストアーティスト(WCA)とセブンスレターに参加しています。彼は特にロサンゼルスで次の世代のグラフィティアーティストにとって最も影響力のある人物の1人になりました。

© 2014 Five Create Limited co.,ltd  | ColleenWilcox

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-4 MT原宿ビルB1F tel:03-6804-6947