Artist

アーティスト

RISK

「第二のワイキキ」と称されるカカアコの有名ウォールアート「RISK AND SONNY BOY WALL」の制作者、Kelly Graval。美しいレタリングとグラフィックイメージ、建築ラインとの組み合わせによって定義されたスタイルを持っています。彼は最も有名なウエストコーストアーティスト(WCA)とセブンスレターに参加しています。彼は特にロサンゼルスで次の世代のグラフィティアーティストにとって最も影響力のある人物の1人になりました。

"Risk is to art, what Aerosmith is to Rock & Roll" -Aerosmith

ケリー「リスク」グラバルは、明るくカラフルな西海岸のグラフィティスタイルの創始者として有名になりました。彼は「天国を打つ」ことを開拓しました。つまり、落書きをできるだけ高くし、拡大して、高速道路の標識や高架道路に書き込みました。長年にわたり、リスクはグラフィティパイオニアから成功したコンテンポラリーアーティストに移行しました。最近のRISKは、明るいネオンの作品や色とりどりのキャンバスを作成したり、巨大な彫刻を作成したりすることに時間を費やしています。 

リスクのアートは、「カリフォルニア美術館サウザンドオークス」での個展を含む、美術館の展示の主題となっています。彼はロサンゼルスとニューヨークで大成功を収めた「Beyond the Streets」展示会で注目のアーティストです。彼はエアロスミスのコミッション、ハルシーのコンサート衣装の手描き、Blink 182のアルバム「9」のカバーアートのデザインなど、世界のトップミュージシャンと定期的に協力しています。 

リスクは、NFLが2019 Super Bowlでペイントするよう世界中から招待された一握りまたはアーティストの1人であり、Monster Energy、Lyft、およびIndian Motorcyclesのブランドプロジェクトに取り組んできました。

© 2014 Five Create Limited co.,ltd  | ColleenWilcox

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-54-4 MT原宿ビルB1F tel:03-6804-6947